2019-02-06

女「へぇ〜、小林製薬に勤めてらっしゃるなんてすごい!」 男「ホメスギン」 女「えっ」

1: 2019/02/05(火) 00:37:06.166 ID:xMR8gRSk0.net
女「へぇ~、小林製薬に勤めてらっしゃるんですか!」

男「うん、まあね」

女「すごい!」

男「いや、大したことないよ」

女「でもCMをバンバンやってるし……『あっ、小林製薬!』って」

男「CMやってる会社なんていくらでもあるじゃないか」

女「いえいえ、小林製薬はすごい会社ですって!」

男「ホメスギン」

女「えっ」
3: 2019/02/05(火) 00:40:17.412 ID:xMR8gRSk0.net
女「あの……?」

男「あ、俺、今なんていいました?」

女「聞き間違いじゃなければ、“ホメスギン”って……」

男「失礼、いつも商品名を考えてるから、たまにうちの商品名っぽい言葉を出してしまうんだ」

女「ああ、なるほど」

男「気を取り直して、食事にしよう」

女「そうですね」
5: 2019/02/05(火) 00:43:37.150 ID:xMR8gRSk0.net
店員「こちら、ワインでございます」

女「どうも~」

男「ブドウジール」

女「?」

店員「ステーキでございます」

女「わっ、おいしそ~!」

男「ヤケタニック」

女「!?」

女「あの……また、どことなく小林製薬っぽい言葉を……」

男「これは失礼! つい……! さ、食べよう!」
6: 2019/02/05(火) 00:45:15.908 ID:xMR8gRSk0.net
女「おいしかった~!」

男「うん、評判通りのレストランだったね」

女「お会計は……半々でいいですよね?」

男「ワラナイン」

女「へ?」

男「あ、またも失礼……割り勘じゃなくていいよ。ここは俺が払うから」

女「そんな……悪いですよ。割り勘にしま――」

男「ココオゴル」

女「!」ビクッ

女「じゃあ……お願いします」
11: 2019/02/05(火) 00:47:29.777 ID:xMR8gRSk0.net
女「ごちそうさまでしたー」

男「ええ、それじゃまた」

女「……」

女(友達に紹介されて会ってみたけど、真面目そうでいい人じゃない)

女(ちょっと変わったところもあったけど……)

女(連絡先も交換したし、あとで『また会えますか?』って送っておこうっと)
13: 2019/02/05(火) 00:50:03.040 ID:xMR8gRSk0.net
……

女「また会って下さるなんて、ありがとうございます」

男「いえ、こちらこそ誘ってもらえて嬉しいよ」

女「あらま。もしかして……私の容姿がタイプだったとか? ……なーんて」

男「ヤヤビジン」

女「ど、どうも」
14: 2019/02/05(火) 00:52:46.313 ID:xMR8gRSk0.net
アハハハ… ウフフフ…

女「私たち、気が合うわね! 今日一日ですっかり打ち解けちゃった!」

男「うん、話してて楽しいよ」

女「よかったら、これから私の家に来ない?」

女「実は私、料理には自信あって、手料理を食べてもらいたいし……」

男「ぜひ、寄らせてもらうよ!」

女「だけど、家についたとたん、狼になるなんてのはやめてね~」

男「ウルフノン」

女(小林製薬っぽくいわれるとかえって不安になる……)
16: 2019/02/05(火) 00:55:26.228 ID:xMR8gRSk0.net
女「まだ時間あるし、ちょっとゲームでもやりましょうか?」

男「いいね、やろう!」

女「じゃあ交代でテトリスでも……まず私からね!」

女「よーし……」カチカチッ

男「ヨコヨコ!」

女「そうね、このブロックは横にした方が……」カチカチッ

男「ヨコヨコ! ヨコヨコ!」

男「ヨコヨコ! ヨコヨコ! ヨコヨコ! ヨコヨコ! ヨコヨコ! ヨコヨコ!」

女「アドバイスうるさい!」
20: 2019/02/05(火) 00:58:34.826 ID:xMR8gRSk0.net
男「これは?」

女「この前買ったゲームで、まだプレイしてないの」

男「へぇ~、勇者が魔王を倒しに行くゲームか。ちょっとやってみせてよ」

女「うん」

女「えぇっと、始める前に勇者の名前を決めなきゃいけないみたい」

男「マオタオス」

女「えっ」

男「マオコロス」

女「ええっ」

男「マオシナス」

女「小林製薬っぽい勇者はちょっと……」
21: 2019/02/05(火) 01:02:31.243 ID:xMR8gRSk0.net
女「そろそろゲームはやめて、ニュースでも見ましょうか」

TV『海外で大規模な暴動が発生し……。警官隊が出動し市民らと衝突……』

女「うわぁ、銃声も聞こえる。これじゃ暴動というより戦争みたい」

男「タコク戦場中」

女「えっ」

女「やっぱり銃って怖いよね……日本に生まれてよかった」

男「ガンコワワ」

女「心なしか、だんだんと小林製薬の発生率が高くなってるような……」

男「気のせいだよ、気のせい」
22: 2019/02/05(火) 01:04:24.067 ID:xMR8gRSk0.net
女「さ、お待ちどうさま~! 手料理を作ってみたわ!」

女「肉じゃがに、味噌汁に、オムライス! ありきたりな料理だけど……」

男「おおっ、うまそうだね」

男「いただきまーす」パクッ

女「……どう?」

男「デリシャアス」

女「よかったー!」
24: 2019/02/05(火) 01:06:15.913 ID:xMR8gRSk0.net
男「今日はごちそうさま。本当においしかったよ」

女「いえいえ、あんなのでよければいつでもどうぞ」

男「星が……キレイだね」

女「ホント……」

男「だけど、君の方がもっとキレイだよ」

女「!」

女「やだ、そんな……くさいこといっちゃって」

男「え、消臭元いる?」

女「いらん」
26: 2019/02/05(火) 01:09:29.433 ID:xMR8gRSk0.net
男「俺と……オツキアインして下さい!」

女「……!」

女(ちょっと小林製薬が混ざったところが気になるけど……)

女「はいっ!」

男「やった!」

女「これからはいっぱいデートしようね!」

男「もちろん!」
27: 2019/02/05(火) 01:12:06.367 ID:xMR8gRSk0.net
……

女(晴れてあの人と付き合うことになったのに……)

女(このところ、全然デートしてくれなくなっちゃった)

女(この間も約束してたのに、ドタキャンしてきたし……)

女(まったくもう……なにやってんだろ……)

女(私のことなんて、どうでもよくなっちゃったのかな……?)
28: 2019/02/05(火) 01:15:35.715 ID:xMR8gRSk0.net
小林製薬にて――

上司「なんだ、このネーミングは! 全部ボツ!」バサッ

男「ううっ……」

上司「いいか、どんなに優れた商品が開発されても、ネーミングがダメならなんの意味もないんだ!」

上司「たとえば薬なら、いかにも効きそうな名前がついてこそ、最大の効力を発揮するのだ!」

上司「君のネーミングは全然ダメ! こんな名前では消費者は救われない!」

上司「ナットラン」

男「残業して、新商品の名前を考えます……」

男「あーあ、今夜もカエレナーイ」
29: 2019/02/05(火) 01:18:26.590 ID:xMR8gRSk0.net
男(……あ。彼女からLINEが……)


<今夜会えない?

<ごめん、今日も残業で会えないんだ

<だったらいつ会えるの?

<今は忙しいから約束できない

<なによそれ…

<スマナイン

<なにがスマナインよ!


男「しまった! ついクセで……」
31: 2019/02/05(火) 01:20:31.431 ID:xMR8gRSk0.net
……

男(やっと今日はデートだ!)

男(今日は大事な話があるっていってたけどなんだろう?)

女「……」

男「お待たせ! 大事な話ってなんだい?」

女「私たち、別れましょ」

男「えっ」
32: 2019/02/05(火) 01:23:21.607 ID:xMR8gRSk0.net
男「どうして……!」

女「理由はいわなくても分かるでしょ?」

女「さよなら」



男「ああっ……待っ……」

男(仕方ないか……約束してたデートをキャンセルしたの、一度や二度じゃないし……)

男「失恋の傷は、いくらキズアワワでも癒やせないか……」シュワワワ

??「……」スッ

男(誰だ?)
34: 2019/02/05(火) 01:25:14.126 ID:xMR8gRSk0.net
男「――ってあなたは!」

社長「……」

男「社長!? なぜ、あなたがここに……!」

社長「オイカケロン」

男「……!」

男「は、はいっ! 追いかけます!」
36: 2019/02/05(火) 01:28:27.700 ID:xMR8gRSk0.net
男「待ってくれーっ!」タタタッ

女「あ……」

男「頼む、もう一度やり直してくれ!」

女「ダメよ、いくら追いかけてきたって……」

男「これをおでこに貼ってくれ」ペタッ

女「これは……熱さまシート!」ヒンヤリ

女「ああっ……頭がどんどん冷えて……クールダウンしていく……!」

女「そうだわ、あなたにも事情はあったんだもの! 今回は許してあげる!」

女「私、やっぱりあなたが大好き!」

男「俺もだよ!」
38: 2019/02/05(火) 01:30:46.709 ID:xMR8gRSk0.net
男「俺はもう君を手放したくない……」

男「結婚しよう」

女「はいっ!」

女「私、あなたのために毎日お弁当作るわ!」

男「嬉しいよ……!」



…………

……
40: 2019/02/05(火) 01:33:35.307 ID:xMR8gRSk0.net
男「じゃ、行ってくるよ」

女「行ってらっしゃい!」

女「はい、お弁当」

男「おっ、ありが――」

男「……」

男「あのさ……このところ、弁当が手作りじゃなくなってきたよね」

男「昔はもっと手が込んでたのに、今はどれもこれもレトルト食品じゃないか」

女「だって私は小林製薬社員の妻よ? お弁当もそれらしくしなくっちゃ」

男「どういうこと?」
42: 2019/02/05(火) 01:35:17.316 ID:xMR8gRSk0.net
女「レトールットおくだけ♪」

男「……俺の心はブルーレット」







おわり
引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1549294626/